こんなこと考えてます こんな人たちが こんなフィールドで ただいま進行中 一緒に汗かこう みんな寄っといて あくせす 問い合わせめーる
ホーム > 炭焼き 2018年2月28日
かまど造り
火熾し名人
焼き芋つくり
畑づくり
しいたけ作り
しいたけオーナー
炭焼き
他にも、たくさんの楽しみがあるよ〜!!みんなで創っていきましょう。
巨石交流会
GOODs
 
今度は竹を焼いている窯が・・・、2連窯の炭焼き(竹と雑木) 2018.2.25
雑木の炭焼き、時間がかかりすぎるので、花炭用の缶を入れる場所を変えて見たのですが、やはり随分と時間がかかります。材がちゃんと乾いていないのかもしれません。薪をストックしておける、薪置き場を造りました。中々の良い出来です。竹と雑木を分けて置けるように、2つの台を造っています。
竹を焼いている方の窯。前回もちょっと様子が悪かったのですが、今回、完全に壊れてしまいました。
ペルー缶のつなぎ目が弱かったのです。そう言えば、最初に補強部分の手抜きをしたような氣がします。次回の炭焼きまでに、補修をしておこうと思います。
竹の窯の方が、すごい煙です。やはり窯が痛んでいるせいでしょうか?風向きのせいもあるのでしょうけど。

先日補修した、雑木の窯・焚き口です。火の引き込みがすごくよくなっています。

雑木の窯。火入れするペルー缶の部分が、かなり拉ています。ドラム缶との接続部が、外れてきています。

風のせいでしょうか?、煙の逆流がすごくて、ロケットストーブへの火付けが難しいです。

煙がだいぶ、透明になってきました。今回は、竹の窯を閉めた後、薪置き場造り認め、写真が撮れてません。

2日後、火曜日に炭出ししました。こちらは竹炭です。半分弱が燃えていますが、こんなものでしょうね。

 
こちらは、雑木炭です。こちらも同じように、半分弱が燃えています。もう少し燃えない方が良いですが・・・。 作業を同時進行した、薪置き場の柵です。これにいっぱいの薪を準備しておけば、十分足りるでしょうね。
   
  楽しく活動するための約束  地域通貨【石】について  プライバシーポリシー  
当サイトの写真や原稿などの転載や二次使用を禁じます。 Copyright (c)2011 ishi-cafe project all right reserved.
石カフェ・トップページ