こんなこと考えてます こんな人たちが こんなフィールドで ただいま進行中 一緒に汗かこう みんな寄っといて あくせす 問い合わせめーる
ホーム > かまど > 焼き芋を作ってみました
かまど造り
火熾し名人
焼き芋つくり
畑づくり
しいたけ作り
しいたけオーナー
炭焼き
山を歩こう
巨石交流会
他にも、たくさんの楽しみがあるよ〜!!みんなで創っていきましょう。
六甲山頂ボランティア
石カフェ・グッズ
 
かまどで、焼き芋
サツマイモ

さつまいもは、細長い形が良いようです。
きれいに洗っておきます。

新聞で包む   新聞紙1ページ分で、
さつまいもを包みました。
次にアルミホイルで   アルミホイルは、さつまいもを2重に包める
大きさを使います。
新聞を濡らしたものを包む   新聞紙に包まれたさつまいもを
たっぷりの水に浸ける。
軽く絞るが、多少水がしたたるくらいで良い。
ホイルを2重になる程度に包む   アルミホイルから、新聞紙が見えない
くらいに、しっかりと包む。
落ち葉の中に   落ち葉の中に、
アルミホイルで包んだ芋を入れます。
落ち葉の中で、焼く  

芋は、灰の中でもOK
次々と落ち葉を燃やします。
芋を火ばさみで触り過ぎると、アルミホイルが破れるます。注意してくださいね。

新聞の水分で蒸し焼きだ  

アルミホイルの上から触って
フニャとしたら出来上がり。
熱いので、軍手などをはめてくださいね。

水分が飛んでいる   アルミホイルが、焼けていなくてビックリ。
新聞紙に含まれた水分で、芋を蒸らしてホクホクに仕上げます。
きれいに出来てます   ほ〜らね。
きれいに出来上がっています。
きれいな色です   美味しい
ホクホクです。
ほっこりです   コツとしては、
新聞紙をしっかり濡らす。
アルミホイルでしっかり包む。
火の中では、灰をうまく使い熱を伝える。
あまり触らない。
灰が、熱を調整してくれるようです。
※落ち葉でもよいですが、普通にたき火でもできます。
   
  楽しく活動するための約束  地域通貨【石】について  プライバシーポリシー  
当サイトの写真や原稿などの転載や二次使用を禁じます。 Copyright (c)2011 ishi-cafe project all right reserved.
石カフェ・トップページ